Verne, Jules

Sunday, 16 July 2006

Deux ans de vacances by Jules Verne ジュール・ヴェルヌ 『二年間のバカンス』『二年間の休暇』『十五少年漂流記』『十五少年』

        目次 Table of Contents

  Video   Deux ans de vacances (1974) Intro
 Images  表紙画像ギャラリー Cover photo gallery
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 椎名+渡辺 2015
  (J2) 私市 2012
  (J3) 大友 1994
  (J4) 横塚 1993
  (J5) 荒川 1993
  (J6) 朝倉 1968
  (J7) 金子 1967
  (J8) 石川 1958
  (J9) 波多野 1951
  (J10) 森田 1896, 1938
■日本語訳の比較 Comparison of Japanese translations
  (a) l'une des plus estimees
  (b) importante colonie anglaise du Pacifique
  (c) une centaine
  (d) meilleures familles du pays
  (e) proprietaires, rentiers, negociants ou fonctionnaires
■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ドイツ語訳 Translation into German
■英訳 Translation into English
■フランス語原文 The original text in French
■更新履歴 Change log


  Video  
Deux ans de vacances (1974) Intro

"Deux ans de vacances" by Gilles Grangier/Claude Desailly with Marc Di Napoli.


 Images 
表紙画像ギャラリー Cover photo gallery
Vacances


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 椎名+渡辺 2015
 その時代、ニュージーランドは太平洋における英国の重要な植民地であり、その首都オークランドでチェアマン寄宿学校といえば名門校に数えられていた。生徒は全国でも名家の子息ばかり。この列島の原住民であるマオリ族はこの学校には迎えられず、彼らには別の学校が用意されていた。チェアマン寄宿学校にいるのは若い英国人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人で、大地主や金利生活者、仲買人、国家公務員の息子たちだった。彼らは、英国の全寮制学校で行なわれるような、すべて揃った教育を受けていた。

   第三章 少年航海者
   ジュール・ヴェルヌ=作
   椎名誠(しいな・まこと)+渡辺葉(わたなべ・よう)=訳
   『十五少年漂流記』 新潮モダン・クラシックス 新潮社 2015/08/30


(J2) 私市 2012
 当時、チェアマン寄宿学校は、ニュージーランドの首都オークランド(一八六五年にウェリントンに遷都)で、もっとも評判の高い寄宿学校のひとつだった。ニュージーランドは、太平洋上のイギリスの重要な植民地である。その学校には、この土地のいちばんよい家柄(いえがら)の生徒が百人ばかりいた。この諸島(しょとう)の先住民であるマオリ族はこの学校に子どもを入れることはできず、べつの学校が用意されていた。チェアマン寄宿学校には、イギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人の子どもしかいなかった。彼(かれ)らは、地主、金利生活者、土地の商人や役人の息子(むすこ)たちで、イギリス王国の寄宿学校でうけるのと同じような、完全無欠な教育をうけていた。

   第3章
   ジュール・ヴェルヌ=作 私市保彦(きさいち・やすひこ)=訳
   『二年間の休暇(上)』 岩波少年文庫 2012/02/16


(J3) 大友 1994
 当時(とうじ)、チェアマン寄宿学校(きしゅくがっこう)は、オークランドでもっとも評判(ひょうばん)の高い学校のひとつだった。オークランドは、太平洋(たいへいよう)にある大きなイギリスの植民地(しょくみんち)ニュージーランドの首都(しゅと)(現在の首都はウェリントン)である。
 寄宿学校の生徒(せいと)は約百人で、この地方の良家(りょうけ)の子弟(してい)だった。ニュージーランドの先住民(せんじゅうみん)であるマオリ族(ぞく)の子どもたちは、別(べつ)の学校に通(かよ)わされていたのだが——。だからチェアマン寄宿学校には、イギリス人、アメリカ人、ドイツ人の子どもたちしかいなかった。彼らは、この地方の地主(じぬし)、年金生活者(ねんきんせいかつしゃ)、貿易商(ぼうえきしょう)、役人(やくにん)などの子弟だった。生徒たちはみんな、イギリス本国(ほんごく)の寄宿学校で受けるのと同じような、まったく申しぶんのない教育(きょういく)を受けていた。

   3
   オークランドのチェアマン寄宿学校(きしゅくがっこう)
   ジュール・ヴェルヌ=作 大友徳明(おおとも・のりあき)=訳
   『二年間の休暇(上)』 偕成社文庫 1994/12


(J4) 横塚 1993
 そのころ、チェアマン寄宿学校は、オークランドの町で、いちばん有名な学校のひとつだった。この町は、太平洋にあるイギリスの重要な植民地、ニュージーランドの首都だった。その寄宿学校には、この国の上流家庭の一◯◯名ばかりの生徒がいた。この諸島の原住民であるマオリ族は、子どもたちをその学校にいれることができなかったらしい。その子どもたちのためには、べつに学校が用意されていた。チェアマン寄宿学校には、イギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人の少年たちしかいなかったが、それはこの国の地主とか、金利生活者とか、貿易商とか、役人の息子たちだった。少年たちは、学校でとても立派な教育を受けていたが、それはイギリス王国のよく似た学校でうける教育と、同じものだった。

   3
   オークランドのチェアマン寄宿学校
   ジュール・ヴェルヌ=作 横塚光雄(よこつか・みつお)=訳
   『二年間のバカンス—十五少年漂流記』 集英社文庫 1993/09


(J5) 荒川 1993
 そのころ、太平洋にあるイギリスの重要な植民地ニュージーランドの首都オークランド(現在の首都は同じ北島のウェリントン。一八六五年に移った)では、チェアマン寄宿学校は最も評判のいい学校の一つだった。在校生は約百人ほどで、その地方の上流家庭の子どもたちだった。原住民マオリ族の子どもは別の学校に入ることになっており、この寄宿学校には入れなかった。チェアマン寄宿学校にいるのはイギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人だけで、この地方の地主、資産家、商人、あるいは官吏の息子たちだった。彼らはそこで、イギリス本国の同種の学校で与えられるのと同じような立派な教育を受けていた。

   3
   ジュール・ヴェルヌ=作 荒川浩充(あらかわ・ひろみつ)=訳
   『十五少年漂流記』 創元SF文庫 1993/08


(J6) 朝倉 1968
 そのころ、チェアマン寄宿学校(きしゅくがっこう)といえば、太平洋(たいへいよう)にあるイギリスの重要(じゅうよう)な植民地(しょくみんち)ニュージーランドの首都(しゅと)、オークランド市では評判(ひょうばん)の高い学校だった。在校生(ざいこうせい)はおよそ一◯◯人ほどで、この地方でいちばんいい家庭(かてい)の子弟だった。チェアマン寄宿学校(きしゅくがっこう)には、イギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人の子どもたち、つまりこの地方の地主、金持ち、貿易商(ぼうえきしょう)あるいは官吏(かんり)のむすこしかいなかった。かれらはイギリス本国の学校と同じように、りっぱな教育(きょういく)を受けていた。

   3
   ジュール ベルヌ=作 朝倉剛(あさくら・かたし)=訳
   太田大八(おおた・だいはち)=画
   『二年間の休暇』 福音館古典童話シリーズ1 1968/04


(J7) 金子 1967
 オークランドというのは、太平洋にあるイギリスの重要な植民地、ニュー・ジーランドの首都であるが、チェアマン学園は、そのころオークランドの町でもっとも評判の高い学校のひとつだった。生徒の数は約百人で、いずれもこの土地で最上の家庭の子どもばかりである。地主や、年金受領者、貿易商、官吏などの息子(むすこ)たちだが、イギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人以外はいない。彼らはそこで申し分のない教育をうけていた。

   二
   ヴェルヌ=作 金子博=訳
   『十五少年漂流記』 旺文社文庫 1967/04
   「原著を二分の一前後に縮約したもの」と、訳者「あとがき」にある。


(J8) 石川 1958
 そのころ、太平洋にあるイギリスの大きな植民地ニュージーランドの首府オークランドで、チェアマン寄宿学校は評判のよい学校だった。百人ばかりの生徒はこの地方の上流家庭の子どもであった。原住民であるマオリ族は、子どもをこの学校に入れることができないで、別の学校があったのである。チェアマン学校には、地主や金持、商人や、役人たちの子どもである、イギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人であった。そこでは、本国でと同じようなりっぱな教育を受けていた。

   三
   ジュール・ヴェルヌ=作 石川湧(いしかわ・ゆう)=訳
   『十五少年漂流記』 角川文庫 1958/06


(J9) 波多野 1951
 さて、このころ、ニュージーランドの首府オークランド市に、チェアマン学校という評判の高い小学校があった。ニュージーランドは、イギリスが南太平洋に持っている重要な植民地の一つである。チェアマン学校では、原住民の子供の入学を許さなかった。百人あまりの生徒は、いずれも島に渡(わた)ってきた白人たち——イギリス人、フランス人、アメリカ人、ドイツ人などの子供ばかりである。

   第三章
   チェアマン学校
   ジュール・ヴェルヌ=作 波多野完治=訳
   『十五少年漂流記』 新潮文庫 1951/11


(J10) 森田 1896, 1938
この時に當りてチエイアマン學校といへるは、南太平洋に於ける英國重要の一藩地ニウジランドの首府、アウクランド市にありて、最も有名なる黌舎(くわうしや)の一なりき、此(こゝに來り學ぶ者は英、佛、米、獨等の白色人の子に限りて、皆な市の有地者、銀行者、巨商、官吏等の子なり。

   第二回
   ニウジランドの一黌舎(くわうしや)
   ジユウールスヴェルヌ=著 森田思軒=訳(英訳からの重訳。完訳ではない)
   『十五少年』 岩波文庫 1938/10(初出は1896)


■日本語訳の比較 Comparison of Japanese translations

(a) l'une des plus estimees
  いちばん有名な学校のひとつ………………………………横塚 1993
  もっとも評判の高い学校のひとつ…………………………大友 1994
  もっとも評判の高い学校のひとつ…………………………金子 1967
  もっとも評判の高い寄宿学校のひとつ……………………私市 2012
  最も評判のいい学校の一つ…………………………………荒川 1993
  最も有名なる黌舎の一………………………………………森田 1896, 1938
  評判のよい学校………………………………………………石川 1958
  評判の高い学校………………………………………………朝倉 1968
  評判の高い小学校……………………………………………波多野 1951
  名門校…………………………………………………………椎名+渡辺 2015

(b) importante colonie anglaise du Pacifique
  イギリスが南太平洋に持っている重要な植民地の一つ…波多野 1951
  太平洋にあるイギリスの重要な植民地……………………横塚 1993
  太平洋にあるイギリスの重要な植民地……………………荒川 1993
  太平洋にあるイギリスの重要な植民地……………………朝倉 1968
  太平洋にあるイギリスの重要な植民地……………………金子 1967
  太平洋にあるイギリスの大きな植民地……………………石川 1958
  太平洋にある大きなイギリスの植民地……………………大友 1994
  太平洋における英国の重要な植民地………………………椎名+渡辺 2015
  太平洋上のイギリスの重要な植民地………………………私市 2012
  南太平洋に於ける英國重要の一藩地………………………森田 1896, 1938

(c) une centaine
  およそ一◯◯人ほど…………………………………………朝倉 1968
  一◯◯名ばかり………………………………………………横塚 1993
  百人あまり……………………………………………………波多野 1951
  百人ばかり……………………………………………………私市 2012
  百人ばかり……………………………………………………石川 1958
  約百人…………………………………………………………大友 1994
  約百人…………………………………………………………金子 1967
  約百人ほど……………………………………………………荒川 1993
  (訳出なし)…………………………………………………椎名+渡辺 2015
  (訳出なし)…………………………………………………森田 1896, 1938

(d) meilleures familles du pays
  この国の上流家庭……………………………………………横塚 1993
  この地方でいちばんいい家庭………………………………朝倉 1968
  この地方の上流家庭…………………………………………石川 1958
  この地方の良家………………………………………………大友 1994
  この土地で最上の家庭………………………………………金子 1967
  この土地のいちばんよい家柄………………………………私市 2012
  その地方の上流家庭…………………………………………荒川 1993
  全国でも名家…………………………………………………椎名+渡辺 2015
  (訳出なし)…………………………………………………波多野 1951
  (訳出なし)…………………………………………………森田 1896, 1938

(e) proprietaires, rentiers, negociants ou fonctionnaires
  大地主や金利生活者、仲買人、国家公務員………………椎名+渡辺 2015
  地主、金持ち、貿易商あるいは官吏………………………朝倉 1968
  地主、金利生活者、土地の商人や役人……………………私市 2012
  地主、資産家、商人、あるいは官吏………………………荒川 1993
  地主、年金生活者、貿易商、役人など……………………大友 1994
  地主とか、金利生活者とか、貿易商とか、役人…………横塚 1993
  地主や、年金受領者、貿易商、官吏など…………………金子 1967
  地主や金持、商人や、役人たち……………………………石川 1958
  有地者、銀行者、巨商、官吏等……………………………森田 1896, 1938
  (訳出なし)…………………………………………………波多野 1951


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

Elbeszélésünk idején a Chairman nevelőintézet egyike volt a legtekintélyesebbeknek Aucklandban, Új-Zéland fővárosában, a Csendes-tengernek e nevezetes angol gyarmatán; mintegy száz növendéket neveltek benne, az ország legjobb családjainak gyermekeit. A nevelés, amelyben részesültek, nagyon gondos és hasonló volt ahhoz, amelyben az Egyesült Királyság egyenrangú intézeteinek a növendékei részesülnek.

   Harmadik fejezet
   A Chairman nevelőintézet Aucklandban
   Kétévi vakáció by Jules Verne
   Translated by Huszár Imre
   E-text at Magyar Elektronikus Konyvtar


■ロシア語訳 Translation into Russian

Пансион Черман был в то время в большой славе в Окленде, столице  Новой  Зеландии, главной английской колонии Тихого океана. В нем обучалось  до  ста  мальчиков, принадлежащих к лучшим  семьям.  Детей  маори  -  туземцев  этого  архипелага - в пансион не принимали; для  них  были  другие  школы.  В  этом  пансионе воспитывались только дети англичан, французов, американцев, немцев, сыновья землевладельцев, купцов, капиталистов, местных должностных лиц.  Они  получали такое же законченное образование,  как  во  всех  подобных  учебных  заведениях Англии.

   Глава третья
   Жюль Верн. Два года каникул
   Собрание сочинений в пятидесяти томах, М.: "ФРЭД". 1994.
   E-text at Lib.Ru


■ドイツ語訳 Translation into German

Zur Zeit, da unsere Geschichte spielt, war die Pension Chairman eine der angesehensten in Auckland, der Hauptstadt Neuseelands, jener bedeutenden englischen Colonie im Stillen Ocean. Dieselbe zählte gegen hundert, den besten Familien des Landes angehörige Zöglinge. Die Maoris, die Eingebornen der Inselgruppe, konnten in derselben ihre Kinder nicht unterbringen, doch waren für letztere andere Unterrichts- und Erziehungsanstalten vorhanden. Die Pension Chairman besuchten nur junge Engländer, Franzosen, Amerikaner und Deutsche, lauter Söhne von Plantagenbesitzern, Rentnern, Kaufleuten oder Beamten des Landes. Sie erhielten hier eine allseitige Erziehung und Ausbildung, vollkommen entsprechend derjenigen, welche die ähnlichen Anstalten des Vereinigten Königreiches gewähren.

   Drittes Capitel.
   Zwei Jahre Ferien by Jules Verne. Bekannte und unbekannte Welten.
   Abenteuerliche Reisen von Julius Verne, Band LIV–LV, Wien, Pest, Leipzig 1889
   E-text at Zeno.org


■英訳 Translation into English

At the time of our story, Charman's boarding-school was one of the largest in Auckland, New Zealand. It boasted about a hundred pupils belonging to the best families in the colony, and the course of study and the management were the same as in high-class schools at home.

   Chapter II  Cast Adrift
   Adrift in the Pacific by Jules Verne
   London : Sampson Low, Marston & Co., 1889
   E-text at Internet Archive


■フランス語原文 The original text in French

À cette époque, la pension Chairman était l’une des plus estimées de la ville d’Auckland, capitale de la Nouvelle-Zélande, importante colonie anglaise du Pacifique. On y comptait une centaine d’élèves, appartenant aux meilleures familles du pays. Les Maoris, qui sont les indigènes de cet archipel, n’auraient pu y faire admettre leurs enfants pour lesquels, d’ailleurs, d’autres écoles étaient réservées. Il n’y avait à la pension Chairman que de jeunes Anglais, Français, Américains, Allemands, fils des propriétaires, rentiers, négociants ou fonctionnaires du pays. Ils y recevaient une éducation très complète, identique à celle qui est donnée dans les établissements similaires du Royaume-Uni.

   Chapitre III
   La pension Chairman à Auckland.
   Deux ans de vacances (1888) by Jules Verne
   Le Livre de Poche (2002/06/30 edition1967 edition)
   Illustrated French hypertext at Andrzej Zydorczak


■外部リンク External links


■更新履歴 Change log

  • 2015/09/26 椎名誠+渡辺葉=訳 2015/08/30 とドイツ語訳を追加しました。また、外部リンクの項を新設しました。
  • 2013/09/15 目次を新設しました。
  • 2012/09/19 私市保彦=訳 2012/02/16 と英訳を追加しました。
  • 2012/08/04 ロシア語訳を追加しました。
  • 2011/03/09 ブログ記事のタイトルに邦題『二年間のバカンス』を追加しました。
  • 2010/04/15 Deux ans de vacances" (1974) Intro の YouTube 動画を追加しました。また、見出しも追加しました。さらに、ブログ記事のタイトルに日本語表記を追加して、つぎのように変更しました。
    • 旧題: Deux ans de vacances par Jules Verne
    • 新題: Deux ans de vacances par Jules Verne ジュール・ヴェルヌ 『二年間の休暇』『十五少年漂流記』『十五少年』
  • 2006/08/12 金子博=訳 1967/04 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese

  

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thursday, 04 May 2006

Around the World in 80 Days by Michael Palin マイケル・ペリン 『80日間世界一周』

■はじめに Introduction

マイケル・ペイリンはモンティ・パイソンの一員としての活動をほぼ終えたあと、BBCテレビの一連の旅行番組に出演して、知的でウィットに富んだ旅行家・旅行作家としての定評を確立した。その記念すべき第一シリーズが『80日間世界一周』。放送は1989年だった。

題名から連想されるとおり、番組はジュール・ヴェルヌの同名の小説から着想を得ている。ペイリンは、小説の主人公フィリアス・フォッグがたどったルートにできるだけ近い経路を通り、あえて飛行機を使わないという条件を自らに課して80日間での世界一周に挑む。

制作者たちは、よくある肩の凝らない娯楽教養番組を作ったつもりだったかもしれない。しかし、ペイリンが旅行した時期を考えると、このシリーズは後世まで残る貴重な歴史的映像資料となるかもしれない。1989年といえば、昭和が平成に代わり、天安門事件が起き、ベルリンの壁が崩壊し、冷戦が終わった年である。


 Video 
Michael Palin plans his trip around the world - BBC

Uploaded to YouTube by BBCWorldwide on 4 Aug 2008


 Gallery 1 
DVDのジャケット DVD covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

hu 80napalattafoldkorulmichaelpalinnal de De_dvd_7613059800410_2 nl Nl_dvd_michaelpalinreisomdewereldin

en En_dvd_794051289322


■日本語訳 Translation into Japanese

旅に出たいという抑えがたい衝動は、心理学的にも認められている症状であり、放浪癖という名前もつけられている。僕にもその症状があるのはうれしいことだと思う。すべての放浪癖患者が夢見るのは世界一周であるが、それも現在ではフランスの科学冒険小説家ジュール・ヴェルヌが「八◯日間世界一周」を書いた一九世紀後半ほどには、カッコいいものではなくなっている。一つには、航空機を使えば三六時間で地球を回ることが可能になったためだ(ヴェルヌが生きていたら、科学技術の発達を大いに賞賛したであろうが)。しかし空の旅は、あたかも地球をラップで包んで収縮加工してしまったかのように、世界を小さく味けなく、何も見えなくしてしまったのである。

   マイケル・ペリン=著 山村宜子(やまむら・よしこ)=訳
   『80日間世界一周』 心交社 1991/02


■英語原文 The original text in English

The compulsive urge to travel is a recognised psychical condition. It has its own word, dromomania, and I'm glad to say I suffer from it. The ambition of every dromomaniac is a circumnavigation of the planet, but it's a less fashionable journey now than in Jules Verne's day. Part of the reason is that you can do it by air in 36 hours (a technological feat that Verne would have greatly appreciated). But air travel shrink-wraps the world leaving it small, odourless, tidy and usually out of sight.

   Around the World in 80 Days (1989) by Michael Palin
   Palin's Travels (online edition)


 Gallery 2 
本の表紙 Book covers

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

ja Ja_9784883020157 hu Hu_9789639526839_michael_palin bg Bg_9789549535617_michael_palin

sk Sk_9788086518053 cs Cs_cestakolemsvetaza80dnimichaelpal nl Nl_9789026322594

it It_il_giro_del_mondo_in_80_giorni_m pt Pt_9789725304983 fr Fr_9782842303501

en En_20th_9780297854289 en En_9780912333397 en En_9781859270608


■著者名の日本語表記
 Transliteration variations of the author's name in Japanese

上の邦訳では、著者名 Michael Palin の日本語表記はマイケル・ペリンとなっています。ほかの文献では、マイケル・ペイリン、マイケル・パリンなどとなっていることもあります。ペイリンが、原音にいちばん近くて、妥当なのではないかと私は思います。


■更新履歴 Change log

  • 2015/02/22 イタリア語版とハンガリー語版の本、およびハンガリー語版DVDの画像を追加しました。
  • 2013/04/11 「はじめに」の項を新設し、2つの Image gallery を追加しました。また、BBC Worldwide のビデオも追加しました。
  • 2007/12/07 「著者名の日本語表記」という項を新設しました。また、ブログ記事の表題に、日本語訳を並記しました。

にほんブログ村 
本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ 84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザの画面を更新すると入れ替ります。
↓ Renew the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■DVD

■洋書 Books in non-Japanese languages

■和書 Books in Japanese
(1) 80日間世界一周

(2) マイケル・ペリン / マイケル・ペイリン / マイケル・パリン

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 05 December 2005

Le Tour du monde en 80 jours par Jules Verne / Around the World in Eighty Days by Jules Verne / ジュール・ヴェルヌ 『八十日間世界一周』

        目次 Table of Contents

 Video 1  80デイズ (2004) Around the World in 80 Days (2004)
 Video 2  80日間世界一周 (1956) Around the World in 80 Days (1956)
 Video 3  Videobook of the English translation by G. M. Towle
■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese
■日本語訳 Translations into Japanese
  (J1) 高野 2009
  (J2) SOGO_e-text_library 2002
  (J3) 鈴木 2001
  (J4) 田辺 1976
  (J5) 木村 1973
  (J6) 江口 1963, 1978, etc.
  (J7) 井上 1888
  (J8) 川島 1878, 2002, etc.
 Images   表紙画像、扉、挿絵 Illustration, book covers and title pages
■トルコ語訳 Translation into Turkish
■ハンガリー語訳 Translation into
■フィンランド語訳 Translation into Finnish
■ギリシャ語訳 Translation into Greek
 Audio 1  ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian
■ロシア語訳 Translation into Russian
■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian
■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian
 Audio 2  ポーランド語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Polish
■ポーランド語訳 Translation into Polish
■スロベニア語訳 Translation into Slovenian
■チェコ語訳 Translation into Czech
■スウェーデン語訳 Translation into Swedish
■ドイツ語訳 Translation into German
 Audio 3  オランダ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Dutch
■オランダ語訳 Translation into Dutch
 Audio 4  英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English (tr. G. M. Towle)
 Audio 5  英語版オーディオブック(朗読) Audiobook in English (tr. G. M. Towle)
■英訳 Translations into English
  (E1) Glencross, 2004
  (E2) Butcher, 2001
  (E3) Towle, 1873
■ルーマニア語訳 Translations into Romanian
  (Ro1) Dumitrache, 2013
  (Ro2) Tudoran, 2010
■イタリア語訳 Translation into Italian
■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese
■カタロニア語訳(部分) Translation into Catalan (fragment)
 Audio 6  スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish
■スペイン語訳 Translation into Spanish
 Audio 7  フランス語原書オーディオブック(朗読)  Audiobook in French
■フランス語原文 The original text in French
■更新履歴 Change log


 Video 1 
80デイズ (2004) 予告篇 Around the World in 80 Days (2004) Trailer

監督: フランク・コラチ 出演: ジャッキー・チェン(パスパルトゥー)、スティーヴ・クーガン(フィリアス・フォッグ) Directed by Frank Coraci. Starring Jackie Chan (Passepartout / Lau Xing), Steve Coogan (Phileas Fogg)


 Video 2 
80日間世界一周 (1956) 予告編 Around the World in 80 Days (1956) Trailer

監督: マイケル・アンダーソン 出演: デヴィッド・ニーヴン(フォッグ)、カンティンフラス(パスパルトゥー)、ロバート・ニュートン(フィックス刑事)ほか豪華キャスト。 Directed by Michael Anderson. Starring David Niven (Phileas Fogg), Mario Moreno "Cantinflas" (Passepartout), Robert Newton (Mr. Fix) and many others.


 Video 3 
『八十日間世界一周』——G・M・タウルによる下掲英訳のビデオブック
Around the World in Eighty Days: A Videobook of the English translation by George Makepeace Towle

下に引用する箇所の朗読は 8:58 から始まります。 Presented by CCProse. Reading of the excerpt below starts at 8:58.


■中国語訳(簡体字)Translation into simplified Chinese

“那就好,现在你的表几点?”
路路通伸手从裤腰上的表口袋里掏出一只大银表,回答说:
“十一点二十二分。”
“你的表慢了,”福克先生说。
“请您别见怪,先生,我的表是不会慢的。”
“你的表慢了四分钟。不过不要紧,你只要记住所差的时间就行了。好吧,从现在算起,1872年10月2号星期三上午十一时二十九分开始,你就是我的佣人了。”

   《八十天环游地球》 作者: 儒勒.凡尔纳
   第一章 斐利亚·福克和路路通建立主仆关系
   E-text at:
   * 我有闲书库 (WoYouXian.com)
   * 美人鱼小说阅读网


■日本語訳 Translations into Japanese

(J1) 高野 2009
「よろしい。ところで、今は何時だ?」
「十一時三十三分です」パスパルトゥーはチョッキのポケットから大きな銀の懐中時計を出すと答えた。
「その時計は進んでいる」フォッグ氏は言った。
「申しわけありませんが、そんなはずはありません」パスパルトゥーは言い張った。
「いや、四分、進んでいる。だが、遅れているか進んでいるかはどうでもいい。大切なのは四分の ずれ があることだ。そのずれがあることをわかったうえで行動してくれたまえ。ということで、君は十月二日水曜日の午前十一時二十九分からこの屋敷の召使いになったということになる」

   第1章 謎の男
   フィリアス・フォッグ氏とパスパルトゥー、主従の誓いを結ぶ
   ジュール・ヴェルヌ=著 高野優(たかの・ゆう)=訳
   『八十日間世界一周(上)』(全2冊) 光文社古典新訳文庫 2009/05
   文中の太字個所は原文では太字でなく傍点。
   注意:
   この訳だけ、他の訳とのあいだに日付・時間のずれがあることについては
   下巻の「訳者あとがき」を参照。ただしネタバレ注意。


(J2) SOGO_e-text_library 2002
「上出来だ! ところで今何時かね。」
聞かれたパスパルトゥーは、ポケットから巨大な銀時計を取り出して、「十一時二十二分過ぎであります。」と答えた。
「遅れてるぞ。」 とフォッグ氏は言った。
「しかし、まさかそんな——。」
「四分遅れている。大丈夫、遅れを確認しておけばいいんだ。今この瞬間、十月二日木曜日十一時二十九分になったら、君は私の従者だ。」

   第一章:フィリアス・フォッグとパスパルトゥーが主従契約を結ぶこと
   ジュール・ヴェルヌ=著 SOGO_e-text_library 訳
   『八十日間世界一周(普及版)
   プロジェクト杉田玄白正式参加テキスト 最終改訂 2002/06


(J3) 鈴木 2001
「ならば結構。で、今何時かな。」
「一一時二二分でございます。」チョッキのポケットの奥からとてつもなく大きな銀時計を出して、パスパルトゥーが答えた。
「君の時計は遅れている。」とフォッグ氏が言った。
「お言葉ではございますが、まさかそんなことはありえないかと存じます。」
「四分遅れている。がそれはどうでもいい。ずれがあることが分かりさえすればいいのだ。したがって、君は今この時、すなわち、一八七二年一○月二日水曜日、午前一一時二九分から私の召使として働くことになった。」

   1 フィリアス・フォッグとパスパルトゥー、
   一方が主人に、他方が召使になることを了承しあう
   ジュール・ヴェルヌ=作 鈴木啓二(すずき・けいじ)=訳
   『八十日間世界一周』 岩波文庫 2001/04


(J4) 田辺 1976
「よろしい。ところで、いま何時かな」
「十一時二十五分です」と、パスパルトゥーはチョッキのポケットから大きな銀の時計をだして、答えた。
「おまえの時計はおくれているぞ」と、フォッグ氏がいった。
「失礼ですが、そんなはずはありません」
「いや、四分おくれている。だが、それはどうでもいい。四分のおくれを確認しておけばいいのだ。では、いまから、つまり一八七二年十月二日水曜日の午前十一時二十九分から、おまえはわたしの使用人となったのだ」

   1 フィリアス・フォッグとパスパルトゥーとが、
   たがいに主従の契約をすること
   ジュール・ヴェルヌ=著 田辺貞之助(たなべ・ていのすけ)=訳
   『八十日間世界一周』 創元SF文庫 1976/03


(J5) 木村 1973
「よろしい。ところで、いま何時だね?」
「十一時二十二分でございます」と、パスパルトゥーはチョッキのポケットから大型の銀時計を取り出しながら答えた。
「きみの時計は遅れている」と、フォッグ氏は言った。
「失礼ですが、けっして、そんなことは……」
「四分遅れている。が、まあ、それはどちらでもいい。必要なのは、きみがその遅れを確認しておくことだ。……では、いまから、すなわち一八七二年十月二日、水曜日、午前十一時二十九分から、きみはわたしの従僕になる」

   一 フィリアス・フォッグとパスパルトゥーとが主従の契約を結ぶこと
   ヴェルヌ=著 木村庄三郎(きむら・しょうざぶろう)=訳
   『八十日間世界一周』 旺文社文庫 1973/02


(J6) 江口 1963, 1978, etc.
「よろしい。では、いま何時かな?」
「十一時二十二分です」と、ポケットから大きな銀時計をとりだして、パスパルトゥーは答えた。
「おまえの時計はおくれている」と、フォッグ氏は言った。
「おことばにそむくようですが、そんなことはありません」
「おまえのは、四分おくれている。まあ、どうでもいい。その差がわかっていればいいわけだ。ところでと、現在一八七二年十月二日水曜日午前十一時二十九分から、おまえはわたしの使用人になったことになる、わかったな」

   1 フィリアス・フォッグとパスパルトゥーとは、
   主人となり従僕となることをたがいに同意すること
   ジュール・ヴェルヌ=著 江口清(えぐち・きよし)=訳
   a.八十日間世界一周』 角川文庫 改版初版 2004/10
   b.八十日間世界一周』 角川文庫 改訂版 1978/11
   c.八十日間世界一周』 角川文庫 初版 1963/03
   a.b. にルビを振るなどの表記変えを行なったもの。
   引用は a. に拠りました。


(J7) 井上 1888
[ルビを取り除いたテキスト]
扶倶「夫は夫れにて宜し今は何時なるや」 新僕ハ衣裳の底より大なる銀時計を取り出し打ち見遣りて 新僕「十一時二十二分過ぎに候」 扶倶「夫は餘り遲し」 新僕「遲いやうには存じ候はず」 扶倶「其方が云ひしは四分晩れたり夫は誤りなりとも夫れにて宜し今日十月二日水曜日午前十一時二十九分より其方を雇ひ候程に左樣心得べし」

[原文 - 総ルビ]
扶倶「夫(そ)は夫(そ)れにて宜(よ)し今(いま)は何時(なんとき)なるや」 新僕(しんぼく)ハ衣裳(かくし)の底(そこ)より大(おほい)なる銀時計(ぎんとけい)を取(と)り出(いだ)し打(う)ち見遣(みや)りて 新僕「十一時二十二分(ふん)過(す)ぎに候」 扶倶「夫(そ)は餘(あま)り遲(おそ)し」 新僕「遲(おそ)いやうには存(ぞん)じ候はず」 扶倶「其方(そなた)が云(い)ひしは四分(ふん)晩(おく)れたり夫(そ)は誤(あやま)りなりとも夫(そ)れにて宜(よ)し今日(けふ)十月二日水曜日(すいえうび)午前(ごぜん)十一時(志)二十九分(ふん)より其方(そなた)を雇(やと)ひ候程(ほど)に左樣(さやう)心得(こゝろえ)べし」

   ジュール・ベルネ=著 井上勤(いのうえ・つとむ)=譯
   『通俗 八十日間世界一周』 自由閣 定價金八拾錢 1888-11-17(明治21)
   国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   旧字や旧仮名に慣れないので、誤読しているかもしれません。誤りがあれば
   ご指摘ください。


(J8) 川島 1878, 2002, etc.
主「可(よ)シ 今ハ汝ノ時計ニテ何時(なんどき)ナル哉 ト 問(とひ)ニ応ジパスパルツーハ衣ノ袂(たもと)ヨリ巨大ノ銀時計ヲ取リ出シ 「十一時二十二分ニテ候 ト云ヘバ主人又云(いは)ク 汝ノ時計ハ遅レタリ 僕「失敬ナガラ違(たが)フ筈ハ決シテコレナク候 主人「汝ノ時計ハ後(おく)ルヽコト四分ナリ 去レドモ互ニ差ヲ記臆シ置カバ障碍(しやうがい)ナカリナン 仍(より)テ今(いま)千八百七十二年十月二日水曜日午前十一時二十九分ヨリシテ汝ハ予ノ使傭(しよう)スル所タリ

   シェル・ウエルヌ=著 川島忠之助(かわしま・ちゅうのすけ)=訳
   a.新説 八十日間世界一周』 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー
   b.新日本古典文学大系15 明治編 翻訳小説集2』 岩波書店 2002/01
   c.新説 八十日間世界一周』 第壱回 1878/06(明治11)
   a.c. の1880(明治13)年版の複写画像を収録したもの。
   a. のリンク先は上掲引用個所の該当ページ。引用は b. に拠りました。


 Images 
表紙画像、扉、挿絵 Illustration, book covers and title pages

↓ クリックして拡大 Click to enlarge ↓

PP Passepartout_2 ja 2009_takano_kobunsha ja 2001_suzuki_iwanami

ja Ja_inoue_tsutomu ja Ja_kawashima_jpg en 2008_butcher_oxford_up

en 2004_glencross_penguin_classics fr 1976_verne_le_tour_du_monde_poche fr Verne_tour_du_monde


■トルコ語訳 Translation into Turkish

  "Güzel. Saatiniz kaç?"
  "On biri yirmi iki geçiyor," diye yanıtladı Passepartout yelek cebinin derinliklerinden büyük bir gümüş saat çıkararak.
  "Saatiniz geri kalmış," dedi Bay Fogg.
  "Bağışlayın beni Bayım ama mümkün değil."
  "Dört dakika geri. Önemli değil. Aradaki farkı saptamak yeterli. Öyleyse şu andan, yani 2 Ekim 1872 çarşamba günü sabah saat on biri yirmi dokuz geçeden itibaren benim hizmetimdesiniz."

   Jules Verne. 80 Günde Devri Alem
   1. Phileas Fogg'Un Passepartout'Yu Uşak Olarak İşe Almasi
   Ithaki Publishing, 2013
   Preview at Google Books


■ハンガリー語訳 Translation into Hungarian

- Helyes. Önnél most hány óra van?
- Tizenegy óra huszonkettő - felelte Passepartout, s egy óriási ezüstórát halászott elő feneketlen mellényzsebéből.
- Késik - szólt Mr. Fogg.
- Bocsásson meg, uram, ez lehetetlen.
- Négy percet késik. Lényegtelen. Fontos, hogy tudjuk az eltérést. Tehát e perctől, vagyis 1872. október 2-án, szerdán délelőtt tizenegy óra huszonkilenc perctől fogva ön nálam szolgálatban van.

   Jules Verne. Nyolcvan nap alatt a Föld körül
   Első Fejezet. Egy megállapodásról, melynek értelmében Phileas Fogg
   és Passepartout kölcsönösen gazdává, illetve inassá fogadja egymást
   Translated by Csatlós János
   E-text at MEK


■フィンランド語訳 Translation into Finnish

-- Hyvä. Mitä kellonne on?
-- Kello on 11 ja 22 minuuttia, -- vastasi Passepartout katsahtaen suunnattoman suureen hopeakelloon, jonka oli vetänyt taskustaan.
-- Kellonne jättää.
-- Anteeksi, monsieur, mutta se on mahdotonta.
-- Se jättää neljä minuuttia. Mutta vähät siitä. Virhe on pian korjattu. Siis, tästä hetkestä saakka, kello 11 ja 29 minuuttia a.p. tänään, keskiviikkona 2 p:nä lokakuuta 1872, olen ottanut teidät palvelukseeni.

   Maan ympäri 80 päivässä by Jules Verne
   I. Phileas Fogg ja Passepartout ottavat toisensa, toinen palvelijaksi,
   toinen herraksi.
   Translated by Samuli Suomalainen. Otava, Helsinki, 1911.
   E-text at Project Gutenberg


■ギリシャ語訳 Translation into Greek

- Ωραία. Τι ώρα έχεις,.
- Έντεκα και είκοσι πέντε, απάντησε ο Πασπαρτού, αρού πρώτα συμδουλεύτηκε ένα τεράστιο ασημένιο ρολόι που έὅγαλε από τα ὅάθη της τσέπης του.
- Πας πίσω, είπε ο κύριος Φογκ.
- Να με συγχωρήσει ο κύριος, μα αυτό είναι αδύνατον. - Πας πίσω τέσσερα ολόκληρα λεπτά. Δεν έχει όμως σημασία. Αρκεί να εντοπίσει κανείς τη διαερορά. Λοιπόν, απ9 αυτή τη στιγμή, έντεκα και είκοσι εννέα το πρωί, σήμερα, 2. Οκτωὅρίου 1872, είσαι στην υπηρεσία μου.

   Ιούλιος Βερν. Ο γύρος του κόσμου σε 80 μέρες
   Κεφάλαιο 1. Όπου ο Φιλέας Φογκ προσλαμβάνει τον
   Πασπαρτού και αρχίζει η
   © 2004, για την ελληνική γλώσσα σε ολο τον κόσμο.
   Εκδόσεις ΑΛΚΥΩΝ, Μαυρομιχάλη 44, 106 80 Αθήνα
   E-text at Ο γύρος του κόσμου σε 80 μέρες [PDF]


 Audio 1 
ロシア語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Russian

下の引用箇所の朗読は 8:11 から始まります。 Uploaded to YouTube by Sam Pawno on 21 Aug 2014. Reading of the excerpt below starts at 8:11.


■ロシア語訳 Translation into Russian

   - Хорошо. Сколько времени на ваших часах?
   - Одиннадцать часов двадцать две минуты, - ответил  Паспарту,  извлекая  из  недр жилетного кармана громадные серебряные часы.
   - Ваши отстают, - заметил мистер Фогг.
   - Простите, сударь, это невозможно.
   - Они отстают  на  четыре  минуты.  Но  это  несущественно.  Достаточно  установить расхождение. Итак, начиная  с  этого  мгновения  -  то  есть  с  одиннадцати часов двадцати  девяти  минут  утра  среды,  второго  октября, тысяча восемьсот семьдесят второго года - вы у меня на службе.

   Жюль Верн. Вокруг света за восемьдесят дней
   Глава Первая, где заключается взаимный договор, по которому
   Паспарту поступает в услужение к Филеасу Фоггу
   Пер. с фр. - Н.Габинский, Я.Лесюк. "Собрание сочинений", т.6.
   М., Государственное издательство художественной литературы, 1956.
   E-text at Lib.Ru


■ウクライナ語訳 Translation into Ukrainian

— Гаразд. Котра година на вашому годиннику?
— Одинадцята година двадцять дві хвилини, — відповів Паспарту, витягаючи з глибокої жилетної кишені великого срібного годинника.
— Ваш відстає, — зауважив містер Фоґґ.
— Даруйте, пане, але це неможливо.
— Він відстає на чотири хвилини. Але це не має значення. Достатньо встановити розбіжність. Отже, з цієї миті — тобто з одинадцятої години двадцять дев’ять хвилин ранку середи, другого жовтня, тисяча вісімсот сімдесят другого року — ви в мене на службі.

   Жуль Верн. Навколо світу за вісімдесят днів
   Розділ перший, де укладається взаємна угода,
   згідно з якою Паспарту наймається на службу до Філеаса Фоґґа
   Translated by Оксана Іванівна Донічева
   E-text at CoolLib.net (КулЛиб)


■ブルガリア語訳 Translation into Bulgarian

— Добре. Колко ви е часът?
— Единадесет и двадесет и две — отговори Паспарту, като измъкна от джоба си огромен сребърен часовник.
— Закъснявате — каза господин Фог.
— Простете, господине, но това не е възможно.
— Закъснявате с четири минути. Няма значение. Достатъчно е да констатираме закъснението. От този момент нататък — единадесет часа и двадесет и девет минути сутринта, сряда, 2 октомври 1872 година, вие сте на служба при мен.

   Жул Верн. Пътешествие около света за 80 дни
   Глава 1. Филиас Фог и Паспарту се харесват като господар и прислужник
   Translated by Гергана Иванова, 2006
   E-text at Моята библиотека (chitanka.info)


 Audio 2 
ポーランド語版朗読 Audiobook in Polish

下の引用箇所に相当する部分の朗読は 9:10 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by Mściwój Ziemomysł on 24 Jan 2014. Reading of the segment corresponding to the excerpt below starts at around 9:10.


■ポーランド語訳 Translation into Polish

– Dobrze. Którą macie godzinę?
– Dwadzieścia dwie minuty po jedenastej – odpowiedzia› Passepartout, wydobywszy z g›ębin kieszeni pokaźny srebrny zegarek.
– Ten zegarek się spóźnia – zauważy› pan Fogg.
– Proszę mi wybaczyć, ale to niemożliwe!
– Spóźnia się o cztery minuty. Mniejsza o to. Wystarczy zapamiętać różnicę. A więc począwszy od tej chwili, czyli od godziny jedenastej dwadzieścia dziewięć rano, w środę, drugiego października 1872 roku, jesteście u mnie na s›użbie.

   W 80 Dni Dookoła Świata by Juliusz Verne
   Rozdział I. W którym Phileas Fogg i Passepartout akceptują się wzajemnie
   Translated by Mieczysława Wójcik. Zielona Sowa, 2011
   E-text at Nexto.pl [PDF]


■スロベニア語訳 Translation into Slovenian

   - Dobro. Koliko je ura?
   - Enajst in dvaindvajset minut - je odgovoril Passepartout, ko je potegnil globoko iz žepa ogromno srebrno uro.
   - Vaša ura zaostaja - je dejal Mr. Fogg.
   - Naj mi gospod oprosti, toda to je nemogoče.
   - Zaostaja za štiri minute. Nič zato. Dovolj je, da poznamo razliko. Torej, od tega trenutka dalje, od enajstih in šestindvajset minut dopoldan, ste od srede 2. oktobra 1872 pri meni v službi.

   Jules Verne. V osemdesetih dneh okoli sveta
   Prvo Poglavje - V Katerem Phileas Fogg In Passepartout Sprejmeta
   Drug Drugega, Prvi Kot Gospodar, Drugi Kot Služabnik.
   Excerpt at Filozofska fakulteta Univerze v Ljubljani


■チェコ語訳 Translation into Czech

„Dobrá. Kolik máte hodin?“
„Jedenáct hodin, dvaadvacet minut,“ odpověděl Proklouz, když vytáhl z hlubin své kapsy obrovské stříbrné hodinky.
„Pozdí se vám,“ řekl Mr. Fogg.
„Nechť mi pán promine, ale to je nemožné.“
„Zpozdily se vám o čtyři minuty. To nevadí. Stačí zjistit rozdíl. Tak tedy od tohoto okamžiku, od jedenácti hodin dvaceti devíti minut dopoledne ve středu 2. října 1872 jste v mých službách.“

   Jules Verne: Cesta kolem světa za osmdesát dní
   Kapitola první v níž Phileas Fogg a Proklouz přijímají jeden druhého,
   jeden jakožto pán, druhý jakožto sluha
   Státní nakladatelství krásné literatury a umění
   E-text at schacco.savana-hosting.cz [PDF]


■スウェーデン語訳 Translation into Swedish

"Gott! Hur mycket är Er klocka?"
"Tjugotvå minuter över elva", svarade Passepartout, efter att ha dragit upp ett enormt silverur från sina fickors djup.
"Den går efter", sade Mr Fogg.
"Ursäkta mig, Monsieur, men det är omöjligt..."
"Den går fyra minuter efter. Men, det är tillräckligt att omnämna detta misstag. Nu, från och med detta ögonblick, klockan 11.29 förmiddagen, denna onsdag den 2 oktober, är Ni i min tjänst."

   Jules Verne: Jorden runt på 80 dagar
   Kapitel 1, I vilket Phileas Fogg och Passepartout accepterar varandra,
   den ene som husbonde och den andre som betjänt.
   E-text at Provläsning ur Jorden runt på 80 dagar - Elib


■ドイツ語訳 Translation into German

– Gut. Wieviel Uhr haben Sie?
– Elf Uhr zweiundzwanzig Minuten, erwiderte Passepartout, indem er eine große silberne Uhr aus seiner Hosentasche hervorzog.
– Sie sind in der Zeit zurück, sagte Herr Fogg.
– Verzeihen Sie, mein Herr, aber es ist nicht möglich.
– Um vier Minuten sind Sie zurück. Gleichviel. Merken wir uns nur die Abweichung. Also von diesem Augenblicke an, elf Uhr neunundzwanzig Minuten Vormittags, Mittwochs, 2. October 1872, sind Sie in meinem Dienst.«

   Jules Verne: Reise um die Erde in 80 Tagen. Bekannte und unbekannte Welten.
   Erstes Capitel. Phileas Fogg und Passepartout nehmen sich einander
   als Herr und Diener an.
   Abenteuerliche Reisen von Julius Verne, Band VI, Wien, Pest,
   Leipzig 1875, S. 5-11.
   Rozdział I. W którym Phileas Fogg i Passepartout akceptują się wzajemnie
   Translated by Mieczysława Wójcik. Zielona Sowa, 2011
   E-text at Zeno.org


 Audio 3 
オランダ語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Dutch

下の引用箇所の朗読は 9:19 から始まります。 Uploaded to YouTube by Macdui Audio Books on 25 Mar 2014. Audio courtesy of LibriVox. Reading of the excerpt below starts at 9:19.


■オランダ語訳 Translation into Dutch

"Goed. Hoe laat hebt gij 't?"
"Twee en twintig minuten over elven," zeide Passepartout, uit de diepte van zijn vestjeszak een ontzaglijk zilveren horloge te voorschijn halende.
"Gij gaat achter," zeide Fogg.
"Houd mij ten goede, mijnheer, dat is onmogelijk."
"Gij gaat vier minuten achter. Maar dat doet er niet toe. Het is genoeg, dat het verschil bekend zij. Van dit oogenblik af, elf ure negen en twintig minuten in den morgen van Woensdag 2 October 1872, zijt gij in mijn dienst."

   De reis om de wereld in tachtig dagen by Jules Verne
   Eerste Hoofdstuk.  Waarin Phileas Fogg en Passepartout
   elkander wederkeerig aannemen, den een als
   meester, den ander als knecht.
   Translated into Dutch (2005)
   E-text at Zvi Har' El's Jules Verne Collection


 Audio 4 
『八十日間世界一周』——G・M・タウルによる上掲英訳の朗読(音声のみ)
Around the World in Eighty Days: Audiobook in English (translation by George Makepeace Towle)

上に引用した箇所は 9:59 から始まります。 Uploaded to YouTube by GreatestAudioBooks on 14 Mar 2013. The excerpt above starts at 9:59.


 Audio 5 
『八十日間世界一周』——G・M・タウルによる上掲英訳の朗読(音声のみ)
Around the World in Eighty Days: Audiobook in English (translation by George Makepeace Towle)

朗読: デヴィッド・ラッセル。上に引用した箇所は 7:24 あたりから始まります。 Uploaded to YouTube by sstitanlady on 27 Aug 2010. Read by David Russell. The excerpt above starts around 7:24.


■英訳 Translations into English

(E1) Glencross, 2004
'Good. What time do you make it?'
'Eleven twenty-two,' replied Passepartout, as he took out from the depths of his waistcoat pocket an enormous silver watch.
'Your watch is slow,' said Mr Fogg.
'Forgive me, sir, but that is impossible.'
'Your watch is four minutes slow. It's not important. All that matters is to note the difference in time. So from this moment onwards, eleven twenty-nine on the morning of 2 October 1872, you are working for me.'

   Around the World in Eighty Days by Jules Verne
   Chapter I.  In which Phileas Fogg and Passepartout
   agree their relationship, that of master and servant
   Translated with Notes by Michael Glencross
   Penguin Classics, 2004/05


(E2) Butcher, 2001
‘Very well, then. What time do you make it?’
‘Eleven twenty-two,’ replied Passepartout, pulling an enormous silver watch from his waistcoat pocket. ‘Your watch is slow.’
‘Pardon me, sir, but that’s impossible.’
‘You’re four minutes slow. It is of no consequence. What matters is to note the difference. So, starting from this moment, 11.29 a.m. on Wednesday, 2 October 1872, you are in my employ.’

   Around the World in Eighty Days by Jules Verne
   Translated by William Butcher
   Abridged and serialised on Book at Bedtime,
   BBC Radio 4 and World Service,
   read by Robert Powell, 7-18 May 2001, with repeats in 2001/02
   Source of the text: Dr William Butcher's website


(E3) Towle, 1873
"Good! What time is it?"
"Twenty-two minutes after eleven," returned Passepartout, drawing an enormous silver watch from the depths of his pocket.
"You are too slow," said Mr. Fogg.
"Pardon me, monsieur, it is impossible -- "
"You are four minutes too slow. No matter; it's enough to mention the error. Now from this moment, twenty-nine minutes after eleven, a.m., this Wednesday, 2nd October, you are in my service."

   Around the World in Eighty Days by Jules Verne
   Chapter I.  In which Phileas Fogg and Passepartout
   accept each other, the one as master, the other as man
   English translation by George Makepeace Towle (1873)
   E-text at Zvi Har' El's Jules Verne Collection


■ルーマニア語訳 Translations into Romanian

(Ro1) Dumitrache, 2013
— Bine. Cât arată ceasul tău?
— Ora 11 şi douăzeci şi două de minute, răspunse Passepartout, scoţând din buzunarul vestei un ceas enorm din argint.
— Este în urmă, spuse Mr. Fogg.
— Să mă ierte domnul, dar este imposibil.
— Este în urmă cu patru minute. Nu contează. Ajunge să observi diferența. Deci, începând de acum, miercuri 2 octombrie 1872, ora 11 și douăzeci și nouă de minute dimineața, ești valetul meu.

   Ocolul pământului în optzeci de zile by Jules Verne
   Translated by Andreea Dumitrache, Aldo Press, 2013
   Capitole I. În care Phileas Fogg şi Passepartout se acceptă reciproc
   unul ca stăpân, iar celălalt ca servitor.
   Preview at Google Books


(Ro2) Tudoran, 2010
- Bine! Ce oră este?
- Ora unsprezece şi douăzeci şi două, răspunse Passepartout, după ce scoase din buzunarul jiletcii un uriaş ceas de argint.
- E în urmă! observă Mr. Fogg.
- Iertaţi-mă, domnule, dar nu se poate!
- E în urmă cu patru minute. N-are importanţă ; este de ajuns să ştii diferenţa. Deci, începînd din această clipă, miercuri 2 octombrie 1872, ora unsprezece şi douăzeci şi nouă dimineaţa, te afli în serviciul meu!

   Ocolul Pământului în optzeci de zile by Jules Verne
   Translated by Radu Tudoran. Marcel Stavre, 2010
   Capitolul I În care Phileas Fogg și Passepartout se acceptă reciproc,
   unul ca stăpân, celălalt ca servitor
   E-text at Scribd


■イタリア語訳 Translation into Italian

- Bene. Che ora fate?
- Le undici e ventidue minuti - rispose Passepartout, dopo aver estratto dalle profondità del suo taschino uno spropositato orologio d’argento.
- Il vostro orologio è indietro - disse Phileas Fogg.
- Mi sia permesso: la cosa è impossibile!
- Il vostro orologio ritarda quattro minuti. Non importa. Basta saperlo.
Dunque da questo momento, ore undici e ventisei minuti e mezzo del mattino, di questo mercoledì 2 ottobre 1872, voi siete al mio servizio.

   Il giro del mondo in 80 giorni by Jules Verne
   1. Phileas Fogg e Passepartout si accettano reciprocamente,
   il primo come padrone e l’altro come domestico
   Translated by Manuela Revolt
   © 2007 di Scuola del Fumetto Edizioni
   E-text at Scuola del Fumetto [PDF]


■ポルトガル語訳 Translation into Portuguese

— Bem. Que horas tem?
— Onze e vinte, respondeu Passepartout, tirando das profundezas do bolso do colete um enorme relógio de prata.
— Está atrasado, disse Mr. Fogg.
— O senhor me desculpe, mas é impossível.
— Atrasado em quatro minutos. Năo importa. Basta constatar a diferença. Portanto, a partir deste momento, onze e vinte e nove da manhă, desta quarta feira 2 de outubro de 1872, fica ao meu serviço.

   A Volta ao Mundo em 80 Dias by Julio Verne
   Capítulo 1. Em que Phileas Fogg e Passepartout reciprocamente se aceitam,
   o primeiro na qualidade de patrăo, o segundo na de criado
   E-text at eBooksBrasil


■カタロニア語訳(部分) Translation into Catalan (fragment)

–Bé. Quina hora té?
–Són les onze i vint-i-dos –va contestar Passepartout, després de mirar el seu rellotge.
–Va endarrerit.
–M’ha de perdonar, senyor, però això és impossible.

   La volta al món en 80 dies by Jules Verne
   Excerpt at Llegir és un bon pla [PDF]


 Audio 6 
スペイン語版オーディオブック(朗読) Audiobook in Spanish

下の引用箇所の朗読は 9:20 から始まります。 Uploaded to YouTube by AudioLibros en MP3 on 21 Jul 2009. Reading of the excerpt below starts at 9:20.


■スペイン語訳 Translation into Spanish

-Bien. ¿Qué hora tenéis?
-Las once y veintidós- respondió Picaporte, sacando de las profundidades del bolsillo de su chaleco un enorme reloj de plata.
-Vais atrasado.
-Perdóneme el señor, pero es imposible.
-Vais cuatro minutos atrasado. No importa. Basta con hacer constar la diferencia. Conque desde este momento, las once y veintinueve de la mañana, hoy miércoles 2 de octubre de 1872, entráis a mi servicio.

   La vuelta al mundo en 80 días by Julio Verne
   Capítulo I
   E-text at:
   * Lector Online
   * Wikisource


 Audio 7 
フランス語原書朗読 Audiobook in French

下に引用する箇所の朗読は 10:23 から始まります。Uploaded to YouTube by Audiolude on 19 Nov 2012.  Reading of the excerpt below starts at 10:23.


■フランス語原文 The original text in French

-- Bien. Quelle heure avez-vous ?
-- Onze heures vingt-deux, répondit Passepartout, en tirant des profondeurs de son gousset une énorme montre d'argent.
-- Vous retardez, dit Mr. Fogg.
-- Que monsieur me pardonne, mais c'est impossible.
-- Vous retardez de quatre minutes. N'importe. Il suffit de constater l'écart. Donc, à partir de ce moment, onze heures vingt-neuf du matin, ce mercredi 2 octobre 1872, vous êtes à mon service. »

   Le Tour du monde en quatre-vingts jours (1873) par Jules Verne
   Chapitre I. Dans lequel Phileas Fogg et Passepartout s'acceptent
   réciproquement, l'un comme maître, l'autre comme domestique
   E-text at Zvi Har' El's Jules Verne Collection


■更新履歴 Change log

  • 2014/11/02 ギリシャ語訳とスウェーデン語訳を追加しました。
  • 2014/11/01 トルコ語訳、フィンランド語訳、スロベニア語訳、チェコ語訳、2種類のルーマニア語訳、ポルトガル語訳、およびカタロニア語訳(部分)を追加しました。
  • 2014/10/31 ハンガリー語訳、ロシア語訳、ウクライナ語訳、ブルガリア語訳、ポーランド語訳、ドイツ語訳、およびイタリア語訳の訳文、ならびにロシア語版、ポーランド語版、オランダ語版、およびスペイン語版のオーディオブックの YouTube 画面を追加しました。
  • 2013/10/21 井上勤=譯 1888-11-17 と表紙画像を追加しました。
  • 2013/03/28 もう1種類の英訳朗読の録音を追加しました。
  • 2012/08/11 スペイン語訳を追加しました。
  • 2011/11/09 下の4本の動画または録音を追加しました。
    1. 80デイズ (2004)
    2. 80日間世界一周 (1956)
    3. ビデオブック——G・M・タウルによる英訳
    4. 朗読——G・M・タウルによる英訳
  • 2009/07/15 高野優=訳 2009/05、英訳 Butcher, 2001 および画像を追加しました。また、ブログ記事の題に書名と著者名の英語表記 Around the World in Eighty Days by Jules Verne を追加しました。さらに、書誌情報を補足修正し、川島忠之助=訳の国立国会図書館 近代デジタルライブラリー該当ページへのリンクを張りました。
  • 2009/03/05 ブログ記事のタイトルに日本語表記を追加しました。
  • 2006/09/04 江口清=訳 2004/10 を追加しました。
  • 2006/09/01 中国語訳(簡体字)を追加しました。また、訳例の配列を旧→新から、新→旧に変更しました。さらに、Amazon.co.jp の該当ページ、および電子テキストの該当ページへのリンクを張りました。
  • 2006/02/20 SOGO_e-text_library 訳 2000 を追加しました。
  • 2006/02/15 川島忠之助=訳 1878 を追加しました。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 外国語ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 本ブログ 洋書へにほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へにほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ84595840v1308102456

Flag Counter

↓ 以下の本・CD・DVDのタイトルはブラウザ画面を更新すると入れ替ります。
↓ Refresh the window to display alternate titles of books, CDs and DVDs.

■洋書 Books in non-Japanese languages
(1) Le tour du monde en 80 jours

(2) Around the World in 80 Days

■和書 Books in Japanese

■DVD

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

* Search tomokilog ブログ内検索 | * Table of contents (incomplete) 総目次 | * tomoki y. - poetry 詩のようなもの | * tomoki y. - stories 短篇/超短篇 | * tomoki y. - ことば遊び「順不同」 | * tomoki y. - シリーズ「活字中毒」 | Adams, Douglas | Akasegawa Genpei 赤瀬川原平 | Akutagawa Ryunosuke 芥川龍之介 | Alice in Wonderland 不思議の国のアリス | Allen, Woody | Apollinaire, Guillaume | Austen, Jane | biography 伝記 | Bradbury, Ray | Brontë, Emily | Bryson, Bill | cannibalism / 人食い / 食人 / カニバリズム | Capote, Truman | cats 猫 ネコ ねこ | Chaplin, Charles | Cheever, John | Chekhov, Anton | children's literature 児童文学 | Churchill, Winston | cinema / film / movie / 映画 | computer, IT | Confucius "The Analects" 孔子『論語』 | Dahl, Roald | death / dying / 死 | diary / journal 日記 | Dickens, Charles | Dickinson, Emily | Dostoevsky, Fyodor | Doyle, Arthur Conan | economy, politics 政治・経済 | Einstein, Albert | Eliot, T. S. | Faulkner, William | Fitzgerald, F. Scott | Flaubert, Gustave | Goethe, Johann Wolfgang von | gothic / horror 怪奇・幻想 | Greene, Graham | Hardy, Thomas | Hearn, Lafcadio 小泉八雲 | Hemingway, Ernest | history 歴史 | Joyce, James | just for fun おたのしみ | Kafka, Franz | Kanehara Mizuhito 金原瑞人 | Kenko "Essays in Idleness" 吉田兼好『徒然草』 | Le Petit Prince 星の王子さま | letters, epistles 手紙・書簡 | Lu Xun 魯迅 | Man'yoshu 萬葉集 万葉集 | Mansfield, Katherine | Marx, Groucho | Maupassant, Guy de | miscellaneous もろもろ | Mishima Yukio 三島由紀夫 | Mo Yan モオ・イエン 莫言 | Morris, Jan | Murakami Haruki 村上春樹 | Nabokov, Vladimir | Natsume Soseki 夏目漱石 | O. Henry | Okamoto Kido 岡本綺堂 | Ozu Yasujiro 小津安二郎 | Poe, Edgar Allan | poetry and lyrics 詩歌・歌詞 | Proust, Marcel | Pu Songling "Liao Zhai Zhi Yi" 蒲松齢『聊斎志異』 | Pushkin, Alexander | quotes 引用句 | Saki (= Hector Hugh Munro) | sci-fi | sex sexuality セックス 性 性行動 性的指向 | Shakespeare, William | Shibata Motoyuki 柴田元幸 | Stevenson, Robert Louis | Supervielle, Jules | Swift, Jonathan | Tale of Genji 源氏物語 | Tanikawa Shuntaro 谷川俊太郎 | Tanizaki Junichiro 谷崎潤一郎 | travel 旅行・紀行 | Twain, Mark | Ueki Hitoshi 植木等 | Uncategorized 未分類 | Utada Hikaru 宇多田ヒカル | Verne, Jules | Waugh, Evelyn | Wilde, Oscar | Wodehouse, P.G. | Yanase Naoki 柳瀬尚紀 | Zweig, Stefan | 文化・芸術